HPI RACING ミニトロフィー FLUX RTR DT-1トラックボディー プロポ付きメカ搭載済み完成車、1/12スケー4WD電動トロフィートラック,
#107134 ミニトロフィー FLUX RTR DT-1トラックボディー
TSAが新型トラックを開発すると同時にHPI Racingも新型トラックを開発…
2010年に入りバックグラウンドで数多くのことが起こりました。 TSAモータースポーツが極秘裏に静かに、しかし精力的に、ルーテレル(Luttrell)とビリングトン(Billington)が2009年中にトヨタタコマでレースする合間を縫って実験用シャーシを作成しました。 数多くのテスト及びデザインのセッションを経て、テストを重ね、HPI RACING と共同のクリエイティブなデザインコンセプトの新シャーシを2010年初頭に完成しました。 同時にHPI RACINGも精力的に開発を続けていました。HPI RACING USA のデザイナー、西根秀一(伊藤)が彼の情熱をトラックに注入していました。 伊藤はNitro MT シリーズ、ウイリーキング/クローラーキングシリーズ、頑丈なことで有名なHPI サベージモンスタートラックを開発したデザイナーです。 伊藤は彼のデザイナーとしての歴史の一ページにデザートトラック加えました。
ミニトロフィーFLUX 4WDデザートトラックプロジェクト
TSAとHPIが同じ時期にミニトロフィーFLUXデザートトラックプロジェクトを立ち上げましたが、特筆すべきことは、TSAが実車1/1の新型デザートトラックに独立懸架サスペンションデザインを採用したことでした。同じ時期伊藤はラジコン界では標準的となった独立懸架サスペンションデザインを構想していましたが、ラジコン界ではごく普通の独立懸架サスペンションは実車1/1のオフロードレースカー、特にトラック界では斬新なものということです。 TSAはこの新しいトラックを従来4気筒エンジンを搭載したピックアップトラックベースのミニトラックを用いたトロフィートラックのスケールダウンバージョンである7200クラスレースのために作っていました。 今日ほとんどのミニトラックはそんなにミニではなく、6気筒エンジンが載っています。しかし2.7トン少し超える程度の車重に800馬力エンジンを搭載するトロフィートラックと比べれば、7200クラスはやはりミニトロフィーと言えるでしょう。 TSAはジープの直列6気筒のHESCチューンエンジンを用います。 HPIもまた、ミニトロフィーの名をこの新型4WDデザートトラックに用いました。ラジコンニュースのウエブサイトや、実車のモータースポーツニュースでに注目しておいてください。新規情報が得られるかも知れません。
スケールリアリズム
スケールに忠実にというのは誰もが希望することであり、HPI Racingは、フルサイズオフロードデザートレースチームであるTSAモータースポーツとの関係によりこのスケールリアリズムを製品に注ぎ込みました。 このスペシャルプロジェクトの特筆すべき点は、TSAは、HPI Racingのボディースタイル流用しTSAのフルサイズ7200クラスのトラックをHPIミニトロフィートラックそっくりにつくったということです。 もちろん、HPI ミニトロフィーが先に発表されました。
HPIデュラビリティー
HPI ミニトロフィートラックは、ハイグレードの耐衝撃ナイロンを最も強度を必要とする部分、バンパー、サスペンションアームまたその間にあるパーツにに使っています。 頑丈さで定評のあるHPIの耐久性がミニトロフィーを誰にでもフレンドリーで誰にでも楽しめることが出来るラジコンカーを作ることに成功しました。
ドライバビリティ
4輪駆動システムは車のコントロールを楽にします。 ドライバビリティーのテストは特筆すべき結果を残しました。 ブラシレスシステムが作り出すハイパワーを得ても安定性とコントロール性は犠牲になりませんでした。 コントロールを失いやすいダートでも大変運転しやすく出来ています。 パワーオンでトラクションを失いリアが流れ出してもトラックはコントロールできる状態を保っています。 4WDのテクノロジーは、コントロールすることの楽しみをもたらすでしょう。
FUNの歴史
HPIレーシングのモットーは、「1986年からFunを作り続けている」です。 我々はこの情熱と達成力を念頭においています。 今回のようなプロジェクトが達成されたときはレプリカであるラジコンカーと実車との係わり合いに感動します。HPIのラジコンへの情熱は、我々のモータースポーツへの情熱を反映しています。

RTR Ready-To-RUN = FUN!
デザートトラックボディー
実車レースチームのグラフィックスと窓越しに見えるドライバーの人形をリアリティーのある3ピースのボディーとセットにしました。
シャフトドライブ4WD
どのような路面でもトラクションを確保し路面の小石やほこりに強いシャフトドライブ4WD採用
メタルデフギア
強度抜群のメタルギアで高い耐久性を達成
スティールドライブシャフト
高強度スティールドライブシャフトが4つアクスルに配置
アルミアップライト
高強度アルミフロント、リアアップライト装備
アルミハブ
高強度アルミハブ装備
リアリティーのあるデザートレーシングタイヤ
ヨコハマタイヤからオフィシャルライセンスされたジオランダータイヤ装備
4輪独立懸架サスペンション
砂漠の大地を走破する4輪独立懸架サスペンション装備
オイル封入ショック
スムースなサスペンションのダンピング効果のためのオイル封入ショック
スレッドショックボディー
迅速な車高調整を可能にするスレッドショックボディー
リアリスティックスペアタイヤ
2本の軽量ダミースペアホイールとタイヤがトラックの荷台に搭載。リアリティーのあるデザートトラックを表現します。
ドライバーフィギュア2体付きリアリスティックインテリア
2体のドライバーフィギュアにごあいさつ
アジャスタブルスリッパークラッチ
スリッパークラッチが駆動系を保護し、また路面にあわせてのアジャストも可能です。
フルボールベアリング
フルセットのボールベアリングを駆動系に採用し、効率とメンテナンスの頻度を少なくしています。
スキッドプレートバンパー
リアリティーのあるフロントとリアのバンパーがクラッシュから車体を保護します。
アジャスタブルボディーマウント
アジャスタブルボディーマウントで、ボディーの高さと幅の微調整が可能です。
タフシャーシ
耐衝撃ナイロン製の堅牢なバスタブシャーシ装備
ロールケージ
スケール感のあるロールケージをインテリアに装備。 クラッシュから保護します。
互換性のあるホイール
1.9インチの外径と12mm六角ハブの採用で多くの市販されているホイールと互換性があります。
12mm六角ハブ
業界標準サイズの六角ハブ採用のためオプションホイールとの互換性が有ります。
デザートトラックサスペンション
ハイトラクションをもたらすリアリティのあるデザートトラックサスアームを装備
ブラシレスモーターパワー
FLUX Vapor 防水電動アンプでコントロールされるFLUX Vektor 4800Kv ブラシレスモーター装備。 モーター、アンプのコンビは、3Sリポバッテリーパックとの組み合わせることができ、最高時速は40マイル(約64Km/h)に達します。
主要緒元: 全長: 533.4mm 全幅: 233mm ホイールベース: 312mm 全高: 162mm
www.hpiracing.com www.tsamotorsports.com
#107134 ミニトロフィー FLUX RTR DT-1トラックボディー

Specification may be subject to change

The affairs, business and property of Hobby Products International Europe Limited are being managed by Eddie Williams and Nick Wood, appointed as Joint Administrators on 14 January 2016.

The Joint Administrators act as agent of the company without personal liability.

Eddie Williams is authorised by the ICAEW to act as an insolvency practitioner and Nick Wood is authorised by the IPA to act as an insolvency practitioner.

Select your region:

Select your language:

Get more HPI! Login to MYhpi now!

Please select your region and language settings